耐震等級3を標準とする群馬の工務店

群馬の前橋には、耐震等級3を標準とする住宅を提供する工務店があります。東日本大震災以降の日本列島は、大きな地震が起きやすい状態となっています。群馬でも、巨大地震が起きない保障はありません。


前橋にある工務店では、耐震等級3を標準とした家づくりをしています。

耐震等級3は、建築基準法で定める基準よりも厳しい基準で、義務化されているわけではありません。

しかし、これから起きる地震に対して、備えを万全にしておくためには、是非とも必要な基準です。

耐震等級3を取得するためには、従来の住宅よりも壁を多くし、接合金物を十分に設置する必要があります。耐震等級3の認定をとるためには、面倒な手続きも必要です。

そのために、群馬の多くの工務店では、耐震等級3の住宅を標準とはしていません。

その中にあって、前橋のこの工務店では率先して耐震等級3を取得することにより、顧客の資産を守ることを優先しています。

耐震等級3を取得した住宅では、局部的な欠陥がある場合を除き、地震による大きな被害は報告されていません。

高崎の注文住宅情報をほぼリアルタイムに更新、紹介するサイトです。

それに対して、単に建築基準法の規定を満足させただけの住宅は、倒壊などの大きな被害が報告されています。



耐震等級3の住宅が、それ以外の住宅を大きく異なる点は、2階床の剛性です。
床の剛性が高いために、柱や壁が一体となって地震に抵抗し、耐震性を高めています。
熊本地震で問題となったのは、住宅の直下率です。
2階に壁がある部分の1階は、やはり、その部分に壁が必要です。



構造を無視した無理なプランニングは、地震に弱い建物を造ってしまいます。